得点力誇るエース ハンドボール・狩野優太選手

さいたまの未来アスリート

ハンドボール 浦和学院高3年 狩野優太選手

 高校総体県予選で27連覇を達成した。市立田島中学校出身で、ハンドボール男子の強豪、浦和学院高校のエースシューターだ。身長184センチの恵まれた体。高い得点力と当たりの強さを武器にする。

 昨年バーレーンで開かれたユースアジア選手権の代表に選出され、2度目の海外遠征。決勝のバーレーン戦は、完全アウェーだった。「ブーイングがすごかった。鳴り物や拡声器も使うので、監督の指示が聞こえない」。今は「日本代表として経験したことを、チームに生かしている」

 常に動いているボールを追い掛ける。その妙味は、「スピード感のある試合展開。豪快なシュート。正面からの強い接触にも負けないパワー」と言う。観戦の見どころは、「シュートに行くまでのパスでの崩しかな。相手の意表を突く駆け引きや、ゴールのナイスセーブも見てほしい」

 今年の総体予選決勝では、ラスト何秒かで逆転。「よっしゃ、やったという感じ。落とすわけにはいかなかった」と王者のプライドで、連覇をさらに伸ばした。

 「破壊力のある速いシュート」を得意とするが、チームプレーに徹する。「周りを生かす判断力を伸ばしたい」と自らに課す。インタビューを終えると、「緊張しました」。初めて笑顔を見せた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。