女子テニス部、団体戦優勝 高校総体県予選

 (4、5日・川越運動公園テニス場ほか)

 男女の団体を行い、男子は秀明英光が決勝で浦和学院を2-1で下し、3年ぶり2度目の栄冠を獲得した。女子決勝は浦和学院が山村学園に2-1で競り勝ち、2年ぶり24度目の頂点に立った。男女の優勝チームが全国高校総体(8月2~8日・島根)に出場する。

支えあっての勝利 中村監督

 2年ぶり24回目の優勝、勝つことができ、素直にうれしい。多くの方々の支えがあっての勝利だと思う。インターハイに向けて多くの課題をクリアにし、限界を越えられる準備をしていきたいと思う。応援ありがとうございました。

部員一つになった 松田主将

 昨年はベスト4で負けてしまい、悔しい思いをして1年がたった。今年こそは絶対にインターハイに行くという思いがみんな強く、部員が一つなり、この優勝という結果が出た。ここまで来られたのは普段の練習から応援してサポートしてくれる仲間や保護者や先生方、コーチがいたから。今まで以上にみんなで一つになり、インターハイでも全力で戦い抜く。

(埼玉新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。