国際・サッカー寮「ネクス」完成 学校関係者に披露される

 大安吉日の3月30日、国際・サッカー寮「NEXU(ネクス)」が完成し、学校関係者に披露された。

 愛称のネクスは生徒・教職員の応募から選考・決定し、企画・広報局がデザインロゴ化した。ラテン語で”繋がり”を意味している。学校北側(浦和美園地区開発地方面)の玄関口として、東北自動車道・国道122号線に面した地の利を生かした施設となった。

 部活動としても、国際的スポーツであるサッカーで、JFA公認S級ライセンスを持つ森山氏を平成26年より監督招聘し、強化に着手している。3階のコンベンションホールからは、高校サッカー決勝戦会場の「埼玉スタジアム2002」を眼下に望むことができ、生徒たちの目標を間近に捉えることができる。

 サッカー寮は定員46名。国際寮はシングルルーム20室、20名定員。この施設は、単なる宿泊施設のみならず、国際教養を身につける教育の場として、様々な分野で生徒・教職員の研修施設としても利用される予定である。

竣工写真スライドショー

詳細はこちら

28.3.30 NEXU竣工式.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。